深刻な悩み!乳首の黒ずみの原因と対策とは?

乳首に黒ずみがあることで、温泉や銭湯も躊躇っていませんか?どうして黒ずみが乳首だけに集中して出来てしまうのか、その原因はサイズの合わないブラジャーなどの擦れなどによる摩擦が原因なのです。肌が摩擦などにより刺激を受けることで、皮膚は外部からの刺激から身を守るためにメラニン色素を大量生成して守ろうとします。肌の色を黒くする事で防御するのです。乳首に刺激を与えないことが一番なのですが、日常生活の中で刺激と向き合わない生活って難しいんですよね。

乳首の黒ずみの原因

紫外線による黒ずみ


乳首の黒ずみの原因は紫外線にもあります。紫外線を浴びた事で皮膚内部ではメラニン色素の生成が始まります。乳首の皮膚はデリケートな為、そして体の中でも凹凸のある部分なので素肌を露出していなくても紫外線が集中しやすい場所でもあります。乳首はあまり紫外線が当たらないと感じる箇所ですが、思ったよりも紫外線が当たりやすいのです。

加齢による黒ずみ


年齢と共に女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。また肌は28周期で古い角質を剥がれ落として、また新しい角質が生まれるターンオーバーが起こります。しかし年齢と共にこのターンオーバーの周期が乱れ、ホルモンバランスが崩れることによってメラニン色素が肌内部に留まったままになってしまいます。その為、乳首が黒ずんで見えるという現象が、年齢と共に強くなってしまうのです。

乳首の黒ずみ対策方法

日常生活の注意

乳首の黒ずみを作らないためにも、日常生活で乳首に摩擦を与えないことが大切です。例えば何気なくやっている事で摩擦が生じて、乳首の黒ずみへと繋がってしまいます。

ナイロンタオルで体を洗うのを止める


体を洗うときナイロンタオルで洗っていませんか?乳首の黒ずみが目立つからと言って、ゴシゴシと汚れを落とすために洗うのは大間違いです。黒ずみはどんなに洗っても落ちません!それどころか逆に黒ずみを作ってしまい、さらに黒ずんでしまいます。ナイロンタオルで洗うことで摩擦が生じやすく、皮膚を痛めつけてしまいます。出来れば乳首だけでもナイロンタオルでは洗わず、泡で洗う感覚で刺激を与えない方法で体を洗いましょう。

肌のターンオーバーの正常化


乳首が黒ずんで見えるのは、外部からの刺激から皮膚を守るために皮膚内部でメラニン色素が生成されるのが原因です。通常であれば肌のターンオーバーで剥がれ落ちるのですが、年齢とともにターンオーバーが乱れ、メラニン色素が蓄積されてしまいます。ターンオーバーを正常化するために、専用のソープを利用して乱れを解消することが乳首の黒ずみの対策方法なのです。

他にも乳首の黒ずみを改善してピンクにする方法は現代では多種多様になってます。自分にあった方法を見つけて温泉や銭湯にも気兼ねなく行けるよう早めに対策を取る事が大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。