デリケートゾーンが臭い原因!もしかしたら病気の可能性も!?

デリケートゾーン臭いの原因とは?

タンパク質が原因

デリケートゾーンの臭いの主な原因は「タンパク質」です。タンパク質系の汚れが溜まる事で、臭いを発生させています。特に夏場などの暑い時期は、通気性の悪い下着の中にたんぱく質が付着していると、タンパク質をエサとする雑菌や細菌が大量発生します。それにより強烈な臭いを発生させるのです。普段使っている石鹸やボディソープは、皮脂や角質は落とす力が強いのですが、たんぱく質の洗浄力は弱いです。またデリケートゾーンは肌が敏感なので、刺激の強いボディソープなどでは臭いの原因をさらに強めてしまう結果を引き起こすのです。デリケートゾーンは専用の石鹸やボディソープがおススメです。

汗が原因

デリケートゾーンが臭う季節って、汗ばむ夏の暑い時期などです。臭いの原因は汗が関係しており、特に皮脂腺が多い場所は汗がかきにくい体質でも、通気性の悪いデリケートゾーンは汗を発生させます。アンダーヘアーに付着した尿やオリモノなどが、汗と混ざる事でさらに強烈な悪臭を放つことがあります。デリケートゾーンは毎日洗浄し、通気性のよい下着を着用するようにしましょう。

尿などの分泌物が原因

デリケートゾーンの原因の一つであるのが尿。尿は無菌なのですが、アンダーヘアーなどに付着し時間が経つ事で雑菌などが繁殖して臭いを放ちます。特に下着などを着用し通気性が悪いデリケートゾーンは、湿気が多く汗もかきやすいので、雑菌の繁殖のスピードも早いです。トイレ後の拭き取りはしっかりとし、尿などの分泌物を残さないのがポイントです。

デリケートゾーン洗ってもにおいが取れない原因とは?

女性の生殖器の構造が臭いの原因

女性の生殖器はヒダなどがあり、汚れが溜まりやすい構造になっています。 しっかり洗浄したと思っても、汚れが落とし切れていない事がほとんど。 体の外側だけではなくて、内側からもオリモノや生理などによって汚れがアンダーヘアーなどに付着します。 男性の方よりも女性の方が、実は体臭がキツイ時があります。 またあまりデリケートゾーンをしっかり洗浄する機会はなく、石鹸などで洗ってもいいのか?と悩む人が多いと思います。 デリケートゾーン専用の石鹸などを利用して、しっかりと臭いの原因を洗浄するのをおススメします。

洗いすぎによる原因

デリケートゾーンのニオイが気になるからと言って、ゴシゴシと爪を立てて洗っていませんか?デリケートゾーンの皮膚はとっても敏感で、ちょっとした刺激で皮膚トラブルなどを引き起こします。デリケートゾーンには善玉菌である「表皮ブドウ球菌」が存在するのですが、普段使っている石鹸やボディソープだと、この善玉菌を99%の確立で洗い流してしまうのです。それにより乾燥や痒みを伴い、肌がただれてニオイの元を作ってしまうのです。

オリモノの排出物が原因

お風呂に入ってキレイにしても、女性の場合って時間と共にオリモノが下着に付く事ってありますよね?生理前の2週間から排卵日に掛けて量の臭いも多くなるそうです。オリモノは雑菌や細菌のエサとなり、どんどん下着の中では増えて強烈な臭いを出しています。

男性に聞いたデリケートゾーン臭い時の対処法

臭いに対して我慢する

デリケートゾーンの臭いに対する男子の殆どが「感じたことがある」と答えています。また臭いに対しての対処方法として、もっとも多かったのが「我慢」です。好きな人との行為中に、ツンとした臭いを感じても何もなかったようにしているんだそうです。また男子の中には「臭いが好き」「臭いのない女性は居ない」などと感じる方もいるみたいです。まだ臭いが弱いなら自分でも気が付きませんが、好きな人に自分よりも先に臭いを知られていたら、女性側としてもショックですよね。

直接言わずにやんわりと伝える

デリケートゾーンの臭いがキツイと感じている男子、直接話して破局やセックスレスなどに繋がるケースを恐れ、臭いの対処方法として一緒にお風呂に入ったときに「洗ってあげるよ!」など、遠まわしに伝えたりして対策を取っています。相手のことを思い考えて清潔に保つことを一緒に行なってくれる、デリケートな部分なのでさりげなく伝える男子は、女性の事を考えてくれ意識せずに清潔に保てるのがいいですね。

臭いを直接話すまたは別れる

男子の中にはデリケートゾーンの臭いに耐え切れず、直接話すケースもあるそうです。伝えられた女性はコンプレックスに、そして別れとなるケースも少なくありません。直接話して解決出来ればいいのですが、臭いを指摘された女性はやっぱり恥ずかしいですよね。指摘される前にデリケートゾーンの臭いを解消しましょう。

病気でデリケートゾーンが臭くなる事もある

カンジタ膣炎

デリケートゾーンからチーズのような酸っぱい臭い、黄色く白っぽいカッテージチーズのようなオリモノ。このような症状がある場合、カンジタ膣炎の可能性があります。多くの女性が経験し、石鹸などで洗うと痛みを伴ったり、痒みが増したりする症状が現れます。早い段階で気付く人が多く、婦人科で適切な治療を受けることで数日で完治する病気です。一度この病気になって完治しても、また繰り返し起こる可能性がある病気なので、なるべくデリケートゾーンは清潔に保つようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。